2010年03月09日

花掘レのライヴも終わりまして

三兄弟トリオバンド・花掘レのライヴが無事終わりました。
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!
来月、4月21日にもライヴがございます。
また大分雰囲気を変えてお送りしますので、
そちらもお楽しみに!


さて、ライヴが終わりましたので、
劇団銀石の稽古に遅ればせで加わりました。
音楽家から役者にシフト。
銀石の芝居は何度か拝見していますが、
こういうリズムでポンポン進んで行く芝居をやるのは初めてなので
なかなか新鮮なものです。
楽しいお芝居に出来る様、頑張って参ります。
て訳で、しばらく日記は稽古関連の事になるかも。
ならないかも。

 
しっかしまぁ、大雪ですね。
三寒四温とは言ったもの。
つい先日、花粉症が発症したばかりなので
寒いわ鼻がグズるわ、なかなか酷い有様です。
でもこれが今年最後の雪かも知れないし、
たっぷり見ておくとしましょう。
寝坊して窓を開けたら、既に洗濯物に積雪してましたよ。ええ。
 
 
posted by 吉田能 at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

3人の風景

はい、もう全然更新を怠ってますブログ…。
すみません。
しかもこの記事、内容は花掘レのブログと同じです(笑)


三兄弟トリオバンド・花掘レがお送りする
喜劇風味音楽ライヴ第3弾
『ところで、あんたダレ』

いよいよ明日4日、18:30開演です。
と言っても、僕らの出番は19:20位なので、
仕事終わってギリ間に合いそう!とか大歓迎です。
是非是非ご来場下さい!


s1.jpg


僕らも今じゃいっぱしにスタジオ使ってますが、
結成当時はスタジオなんて使わず、
近所の廃校になった小学校の音楽室に忍び込み
(嘘です、ちゃんと借りてました)、
広い教室にたった3人で練習したものです。
夏は暑く、冬は寒い。
教室の対角線上に2つポツンと設置されている
電気ストーブ(小学校でよく見るタイプ)で暖をとり、
何故か準備室に放置してあった
「カワカース」という名の業務用扇風機で熱帯夜を扇ぐ。
窓一面に張り付く蝉の群れは、もはやエイリアンでした。

s2.jpg

3人とも集中力が持続しないタイプなので、
家からせんべいやら、ドーナツやら、
母親が作ってくれたおにぎりやらを持ち込んで、
練習時間の半分を休憩に充てていた。
花掘レの曲の中でも一際名曲と(僕に)言われている『ユピテル』は、
小学校に3人で向かう道中、
頭上に満月 遠い山間に青白い稲光、という
恐ろしく幻想的な光景を目の当たりにして出来上がりました。
今ではスタジオまで車で移動するので、
空を見上げる事もありません。ただでさえ事故り易い僕です。

s3.jpg

僕はこのところ、自分の個人的な感情では曲を作らなくなりました。
いや、感情は感情なんですが、怒りとか喜びとかではなく、
宇宙に対する畏敬の念とでも言うか。
夕焼けが最も美しく輝く瞬間に遭遇して、
それを死ぬまで眺めていたいのに、どんどん夜は近づいてきて、
追いかけたい衝動に駆られる。そんな感じ。
もっとも、四六時中夕焼けだったら多分飽きるでしょうけどね。

今回のライヴは、雪景色に思う所を込めたくて、
何とか冬の香りが残る3月にねじ込んでもらいました。
しかし、シナリオを考えている内に、
ちょっと違う事がやりたくなったんです。



兄弟3人で音楽が出来るという事は、とても恵まれた事です。
血を分けた家族と、音楽で語らえる訳ですから。
両親には本当に感謝しています。
でも、それもいつか必ず、出来なくなる。


明日のステージは、観ていて単純に
「音楽って良いなー」と思えるものになればと。
そう願っています。
皆さん、代官山でお会いしましょう。
 
 
 
posted by 吉田能 at 13:16| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。