2010年09月12日

この夏を振り返る・マルチメディア


ペピン結構設計
『マルチメディア』
2010.8.28 - 31 こまばアゴラ劇場


大分遅くなりましたが、
ご来場誠にありがとうございました。
この公演が僕の夏の締めくくりでした。
 
 
MM3.JPG
 
何だかんだで、PLAT-formanceと同じくらい長く関わっている
ペピン結構設計。
本当に素敵な人たちばかりで、今まで大事な事を沢山教わりました。
僕が現在舞台に立ち続けていられるのは
ペピンのおかげと言っても過言ではないくらいです。
所謂プロの役者ではなく、社会人として生活する中で演劇を生み出していく。
だからこそ、生きていく上で何故演劇をやるのかって事を
常に意識している。
 
 
MM1.JPG
 
『マルチメディア』は、ペピンがまだ大学生だった頃に
STスポットで上演した作品の再演だった訳ですが、
僕は当時ペピンに居なかったし、
初演とは見た目が似ていても全然違うお話だったから、
あまりそういう事は意識せずに取り組みました。
僕はしばしば、表面的には役が作れている様に見えて
実は芯の部分が固まっておらず、
公演直前になってその問題が表面化してきて追い込まれる…
みたいなパターンに陥るのですが、
今回はそもそもキャラクターを掴むのに手こずりました。
何だか、なまじ僕に似ている人物だったので
つい自分に寄せ過ぎてしまったというか…。
大学で環境クリエイティブ科に入り、
油絵と映像と写真とイベントをやってる若者。
皆に「マルチだよねー」って言われちゃう男の子。

でも今回は無事そこを突破して、
手応えのあるものを掴んだ様に思います。
公演2週間前までどっぷりPLAT-formanceをやっていたため
ものすごい遅れ参加になっちゃって、
皆には随分迷惑をかけました…。
 
 
MM4.jpg
 
『マルチメディア』がどんなお話だったのかを
ここで一言では言えません。
往々にしてペピンの作品は一言じゃ説明出来ないのです。
ただ、もともとペピンは

「メンバー皆の生活の中から沸き上がってきた興味・疑問・
諸々の想いをすくいあげて作品にしていく」

という作り方をしていたのだけど、
最近はそこに加えて、作品そのものの中に
「物語が生まれるプロセス」が描かれる様になった。
結局物語っていうのは、自分の心と世界の折り合いを付ける為のものなんだと思う。
どうしようもない現実を前にして、「何でこうなっちゃったんだよーっ!」の
「何で」の部分を自分なりに埋める為に。
ペピン結構設計のコピー、
「天気の良すぎる今日を、も少し上手に生きるために。」
は、そういう意味合いがこもってると思う。
僕はこのコピー大好きなんです。
 
 
MM2.JPG
 
現実を物語で補おうとしたり、
物語で現実を作り替えちゃったりするから、
ペピンの作品はどっからが妄想でどこまでが実際起きた事なのか
一回観ただけだと分かり辛かったりする。
マーブル模様みたいに、もんやり混ざってる。

マーブル模様っていうのは、近づき過ぎるとよく分からないけど、
少し離れて全体を眺めると色の混在する様がとても美しい。
ただ、その美しさは、結局一つ一つの色が綺麗に発色していてこそ。
今回の、僕に残された課題はそこかなーと思います。
一つ一つのシーンが意味と意志を持って発色しないと、
全体の模様が完成しない。
ごく当たり前の事だけど、ペピンに関わるなら殊更強く
それを意識しなきゃなーと思いました。
 
次はさらにパワーアップするぞ!
 
 
posted by 吉田能 at 13:10| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。