2011年02月02日

ペピン結構設計『お母さんしかいない国』

さー2月になってしまいました。
もう2011年も1/12が終わっちまったよ。
光陰矢の如し。少年老い易く学成り難し。
もはや少年なんて歳でもありませんが。

さて、あと2週間で僕の出演する舞台の本番です。
いや正確には、既に2カ所の「家」を巡り作品を上演しているので
もう本番は始まっている!とも言える訳ですが。


僕の所属団体・ペピン結構設計がお送りする『お母さんしかいない国』
もちろんテーマはお母さん。

僕はけっこう親とは仲良くやっている方だと思いますが、
お母さんが一番好きな歌は何?と訊かれると
自信を持って答えられませんでした。
他の共演者は答えられましたが、じゃあ歌ってと言われるとほぼうろ覚えでした。

「100の質問」ってありますよね。
ブログのプロフィールなんかに使ってる人も居ますが。
あれ、お母さんになったつもりで答えようとしたら、一体何問埋まるでしょうか?

居て当然!な感のあるお母さんですが。
子ども、とりわけ男の子にとって最も甘えられる存在のお母さんですが。
甘えられるが故に、意外とお母さんの事を知らないんだなと、思います。


という訳で、やってみる事にしました。お母さん。
是非観に来て下さい。


header25397.jpg


『お母さんしかいない国』

『お母さんしかいない国』は、お母さんだけが暮らす架空の場所です。

作品には4人のお母さんが登場します。お父さんや子どもはいません。
にもかかわらず、彼女たちは「お母さん」として暮らしています。
料理をしたり、洗濯をしたり、誰かの帰りを待ったり。

すべてのお母さん役は、男の子たちが演じます。
彼らの姿はきっと、彼ら自身のお母さんに驚くほど似ていると思います。


作・演出:石神夏希

出演:
下田寛典 中澤大輔
吉田能  角北龍

開演日時:
2月10日(木)19:30-
2月11日(祝)14:00-/19:00-
2月12日(土)14:00-/19:00-
2月13日(日)13:00-/17:00-
*受付開始は開演の40分前、開場は開演の20分前

会場:
STスポット(http://www.stspot.jp
(横浜駅西口徒歩8分)

料金:
前売り2500円/当日2800円/学生2000円
(日時指定・全席自由)

ご予約はこちらのフォームより!
http://ticket.corich.jp/apply/25397/002
 
 
posted by 吉田能 at 02:30| Comment(1) | 活動予報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。