2010年04月07日

色々動いてますよ

劇団銀石の公演の気分が徐々に薄れていくと同時に、
早速次の晴れ舞台に向けて動き出しております。
昨日は花掘レで久々にスタジオ入り。

studio .jpg


今回のライヴは第四弾にも関わらずタイトルが「3 -トレ-」です。
今まで映像やストーリーと音楽を絡める事に重点を置いてましたが、
そもそも我々はトリオバンドなのです。
たまにはそれらしい所見せてやろうじゃないか!と。
そういう意気込みです。
銀石の稽古に参加してた約一ヶ月間、殆どまともにピアノ触ってなかったので、
目下リハビリ中です。間に合うか!?間に合わせます!


ほんでもって今日は、僕が出演する映像作品の顔合わせに行ってきました。
もともと、相方の安藤君が受けた仕事なのですが、
安藤の幼馴染み役が見つからず、僕にその役が回ってきたと。
何せ本格的な映像演技は経験がないので、けっこうビビッてますが、
精一杯演じさせて頂きます。
でも、今年25になるオレらが、高校生役ってのは果たして成立するんだろうか?
嗚呼不安…。
 
 
 
posted by 吉田能 at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

ラーメンブログじゃないのよウチは

という訳で、無事千秋楽を迎えました。
劇団銀石第8回公演『復讐回帰』。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

何とまぁ、千秋楽の日に限ってiPhoneを家に忘れまして、
打ち上げの写真やら何やら、
記念になるものを何も撮れませんでした。
僕の脳内に留め置こうと思います。くそう。


cast.jpg


全10回のステージ、前半は長く感じたけど
後半に差し掛かるとあっという間だった。
初めて触れるタイプの演劇で、とにかく刺激が多かった。
同年代、または自分よりも若い世代に
これだけ面白い役者が大勢居るという事実には身が引き締まるし、
彼らと仲良くなれたのはとても嬉しかった。


役者として100%全力を尽くせたとは思わない。
多分、もう少しの忍耐と滅私の精神を以て
作品に貢献することが出来たはずだ。
自分の器の小ささを直視させられる公演でもあった。
中にはどうしようもなく辛い体調不良と戦っていた役者も居たと言うに、
オレは、オレに課せられたポジションから結果的に逃げてしまった。
言ってしまえば、常にオレと一緒に登場する、所謂「相方」となる役者さんとの
信頼関係の構築を半ば放棄してしまったのだ。
素敵な作品と、素敵なスタッフと、素敵な役者達に囲まれて、
それが唯一にして最大の心残り。
遂げられなかった仕事が肩にぼんやり乗っかったままの気分。


せめて、今回得た多くのものを、次の表現に繋げていきたいと思う。
もし機会があればまた銀石には出てみたいな。
今度は更に自由に取り組めると思うんだよね。


今日は久方ぶりに大学に行きまして、
公演期間中に受けるはずだった健康診断などを受けてきました。
何だかこう、何ですね。やっぱ少し寂しいな。
小田急線に乗ると登戸を通り過ぎて成城学園前で降りたくなる。
それでもオレは、明日からまた音大生に戻るのです。
 
 


いや?

4月21日には花掘レのライヴ、そして
29日からはPLAT-formanceが
[15 Minutes Made Volume8]に出演します。
その後、相方の安藤と共に映像に出演し、
夏にはPLAT-formance本公演と
(おそらく多分)花掘レのワンマンライヴを目論んでおります。

音大生では収まりませんよ。何せ歳くってますから。
これからも能天気予報をお見逃しなく!!
 
 
 
posted by 吉田能 at 23:46| Comment(2) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

今日はラーメン抜き

やってしまった、本日のマチネ。

共演者の台詞ミスをフォローしようとして自分が噛み、
テンパった挙げ句ぐちゃぐちゃになると言う
オレのこれまでの舞台経験の中でも最悪の事態を引き起こす。
何故あそこまで思考がフリーズしてしまったのか。
何となく理由は分かるけど、まぁここで語る事もあるまい。
とにかく反省。
せっかく来て頂いたお客様には、お見苦しいものをお見せした事を
心より謝りたい。ごめん!

その反動なのか、ソワレはノーミスで演技もノってた気がする。
足して2で割れるもんなら割りたいわホンマ。
いやいや、そんな事は出来ない。



と、そんな訳で外でいそいそラーメン食う気分でもなく
従って出演者紹介写真も撮らず。
せっかく昨日2人紹介したのに、帳消しになってしまった。
ふてくされるオレに気を遣ってくれた熊谷とペコに感謝。
年上だってのに形無しでございます。トホホ。



sakura.jpg

劇場の前の桜はおりしも満開。
花は盛りに 月は隈なきのみを見るものかは
とは言えやはり満開の桜は美しい。
明日が見納めだ。
 
 
 
posted by 吉田能 at 23:52| Comment(2) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

今日もラーメン

ついに『復讐回帰』半分以上が終わりまして折り返し地点。
復讐は終わり、回帰する番ですねとは演出・佐野木の弁。
ちげーぞ。復讐と回帰は同時だ。
いつかは帰って来ると分かっている旅立ちは、その時点で既に帰路だ。
二度と帰って来ない旅は、実は旅立ってすらいない。
皆、自分の恒星を抱きしめてぐるぐる回ってるんだ。


そんな事よか、思ったよりノドに来ている。夜の公演がヤバかった。
暖かくして寝なくては!伝わらなきゃ話にならん!


men4-1.jpg

▲今日も『屯ちん』で昼ご飯。魚豚ラーメンに煮卵と岩のりをぶちまけた。


men4-2.jpg

▲楽屋の女王。舞台への鋭い熱意とセクハラ趣味を併せ持つ、熊谷。


men4-3.jpg

▲不幸のエピソードには事欠かない。翔ちゃんはエネルギーあるのに可愛げだ。


1日1人紹介してたんじゃ、出演者の半分も紹介出来ない事に
今更気付いたので、2人紹介してみました。
算数しろオレ。
 
 
 
posted by 吉田能 at 23:53| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

昨日のラーメン

流石にちょっとノドがイガイガチクチクしてきた…。
そして本公演初、台詞を噛んでしまった。悔しい。
こと銀石の様な芝居において、噛んでリズムを乱すのは禁物なのだ。

しかしリズムばっかりでもいかん。
ここまでやってきて、自分の役についてちょっと違うイメージが出てきた。
今更だけど。お客さんに妄想させる方向性がまた一つ見えた。
本番10回ってのは多くて疲れるけど、その分発見も多い。
そして意外と、佐野木のアフタートークにヒントがあったりもするのだった。



昨日の昼はおうどんでしたが、実は夜に油そばも食いに行ってました。
『春日亭』ってところ。浅見さんのオススメ。看板撮り忘れた!

men3.jpg

▲温和な人柄と鋭い切り返しで皆から愛される。お前が主役だ!つわ!
 
  
 
posted by 吉田能 at 23:59| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。